アフターピル服用後の生理はいつから

アフターピルを飲むと生理はいつ来る?出血が重くなるって本当?

アフターピルは排卵や受精卵の着床を遅らせて妊娠を防ぐものですが、アフターピルを飲むと生理はいつ来るのでしょうか。また、アフターピルの服用で次の生理の量も変わるという話を耳にしますが、その原因を探ってみましょう。

アフターピルの服用後、生理はいつ来る?

アフターピルを飲むと、3日~3週間後に出血が見られます。これを一般的に生理と呼びますが、本当の呼び名は「消退出血」です。

消退出血はアフターピルによって人工的に生理を誘発した際に使われる言葉で、子宮内膜がはがれた結果起こるものなのです。
自然に起こる生理と区別させるためにこの名前で呼ばれています。ただし、成功している場合は必ず出血が起こるとは限りません。
もともと子宮内膜が薄いと妊娠防止が成立していても消退出血が起こらないこともあります。

3週間以内に出血が見られない場合は、妊娠の可能性を危惧して妊娠検査薬を使うことをおすすめします。

アフターピルを飲むと生理が重くなる?

アフターピルを飲んで出血が重くなるかどうかは、服用時期と排卵のタイミングで決まります。排卵が起こる前と起こってすぐの頃に出血が始まると、子宮内膜があまり厚くない段階ですので、出血の量はそれほど多くありません。

一方で排卵が起こった後にアフターピルの効果が発揮されると、子宮内膜が厚いため出血の量が多くなります。また、出血の量は個人差もあるため、必ずしも排卵前後に出血が少なくて排卵から日数が経つと多くなるとは言い切れません。

自然な生理はいつ来る?

アフターピルで一時的に生理周期が不安定になる
アフターピルを服用すると、自然に起こる生理の時期がずれるのではと思いがちですが、自然な生理は今までの生理予定日頃に来ます。ただし、アフターピルを服用後は3ヶ月程度生理が不安定になるようで、その後生理が安定していきます。生理が不安定な状態で再び性交渉を持つと妊娠の危険性があるため、生理が安定するまで性交渉は控えることをおすすめします。